インターン参加が決まりました

今年の8, 9月でLINE KYOTOインターンフライウィールという会社にインターンに行ってきますというエントリーです。

なんで4回生でインターン

理由としては色々あるのですが、主な理由としては自分のレベルアップのためです。

前のエントリーの通り、ソフトバンクに内定して来年から社会人エンジニアとして働くということが決まっているのですが、ぼくの中の考えとして入社はゴールではなくスタート地点であると思っていて、なので入社直後から最高のパフォーマンスを発揮していきたいという思いがありました。

前のエントリーはこちらから。

komi.hatenadiary.com

そんなこんなで入社前にゴリゴリレベルアップしておきたいと思い、この夏でテック系のインターンに参加することにしました。

エンジニアとして生きていく以上、成長し続けることが生命線みたいなとこあるんでね、今後もがんばっていきます。

ちなみに他の理由としては、今はバイトでデータ分析とかアプリ開発とか社内システムの整備とか色々やったりしてるんですけど、ずっと京都にいるとなんか心が疲れてしまいそうなのでちょっと東京に出てきたかったというのもありますね....

なんでその会社選んだの?

学部3回生とかだとインターン先を選ぶ理由は会社の事業に興味があるからとか将来就職したいからとかそんな感じだと思うんですけど、ぼくが今回LINE KYOTOとフライウィールを選んだのは4回生でも参加できるからというのが大きな理由の一つですね。

インターンって本来の意義としては職業体験なんでしょうけど、どうも企業側としては青田刈りという意識があるのか知らんけど学部3回生と修士1回生に限定しているところが多かった印象があります。

まあそんなこんなでインターン先を魔法のスプレッドシート(下記のリンク参照)を見ながら調べてたんですけど、パッと目に入ったのがLINEとフライウィールだったので申し込んだという感じです。

割となんとなく申し込んだ感がハンパないんですけど、よくよく会社のこと調べたりインターンのプラグラムを見てみたら結構魅力的だなぁって感じだったので、インターン申し込んだ自分ナイス!って感じですね。

インターンで何するの?

これに関してはLINEとフライウィールで別々だと思うので、分けて書きます。

LINE KYOTO

LINE KYOTOの方は1週間という短期のやつで、LINEが展開しているサービスを使って社員がメンターとなって一緒にプロダクトを作ろう!という感じらしいです。

1週間という短さなので、どちらかというとインターンというよりハッカソン的な色合いの方が強いのかもしれません。

その場でチームを組んでチーム開発をゴリゴリ進めていくらしいので、ちょっと楽しみですね。

フライウィール

インターンの話をしようと思ったのですが、そもそもフライウィールってどこやねんそれ的なツッコミが来そうなので、僭越ながら簡単な紹介を。

フライウィールは2018年2月にできたいわゆるデータ系のスタートアップです。

これだけ聞くと最近よく見るただのAIベンチャーの有象無象のうちの一つやんって感じなのですが、若干この会社は異色だなぁと思います。
参考に以下のリンクの記事を見てみてください。

japan.cnet.com

会社のメンバーの半数がFacebookとかMicrosoft執行役員とかを歴任してて、ほとんどがGoogleMicrosoftFacebookの出身者、他にもQiitaの設立者など、スーパー豪華メンバーの会社なんですよね。

ぼく自身、あまりこの会社のことは知らなかったのですが、インターン選考の面談のときにものすごい会社だなぁと思い、それでこの会社なら絶対レベルアップできるやろうなぁって思った次第です。

そんなこんなでフライウィールにインターン行くことになったのですが、こっちの方は具体的にどんなことをするのか詳細にはまだ決まってません。

おそらくデータ分析的なsomethingをやるのかなぁという感じですが。

今のところの予定として8月中旬くらいから9月末まで6週間くらいお世話になる予定です。

ちなみにスケジュールとして

8/12(月)-8/23(金) : フライウィール@東京
8/26(月)-8/30(金) : LINE KYOTO
9/2(月)-9/27(金) : フライウィール@東京

というインターンの間にインターンをするというムーブになる予定です。

がんばります。

まとめ

この夏でLINE KYOTOとフライウィールという会社でインターンに行ってきて、現役のエンジニアのボコボコにされてめちゃめちゃ強くなってこようと思います。

ガンガン進捗生んでいくぜい💪